So-net無料ブログ作成

NO.129 彼方の。。 [花と。。]

IMGP4354-6.jpg



この本には泣かされた!
めっちゃ感動した!
言葉にならない気持ち。。
読むたびに一冊々の本に惚れてしまうsuzu*さんです^^

今回も一気に完読♪


IMGP4353-6.jpg

本のご紹介を。

借り物レビューは。。。
『「友よ、最上のものを」
戦中の東京、雑誌づくりに夢と情熱を抱いて。
平成の老人施設でひとりまどろむ佐倉波津子に、
赤いリボンで結ばれた小さな箱が手渡された。
「乙女の友・昭和十三年 新年号附録 長谷川純司 作」。
そう印刷された可憐な箱は、70余年の歳月をかけて届けられたものだった。
戦前、戦中、戦後という激動の時代に、
情熱を胸に生きる波津子とそのまわりの人々を、
あたたかく、生き生きとした筆致で描く、著者の圧倒的飛躍作。

彼方の友へ

彼方の友へ

  • 作者: 伊吹 有喜
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2017/11/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


本作は、竹久夢二や中原淳一が活躍した少女雑誌「少女の友」(実業之日本社刊)の存在に、
著者が心を動かされたことから生まれたそうです。

※中原淳一さんの本も興味深いですなぁ^^
nice!(27)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

nice! 27

コメント 3

engrid

読みたい本が 一気に三冊も、、
涼しくなってきたから、風を受けながらゆるりと、お気に入りの本を手に、時を過ごす、そんな季節になりつつありますね
わたし、今葉室麟氏の本を、何冊か重ねております
by engrid (2018-08-20 21:52) 

Inatimy

いつもsuzu*さんのブログで本を読みたい気持ちがウズウズ^^;。
日本の本屋さんがないからムズムズ・・・う〜ん。
by Inatimy (2018-08-22 06:41) 

suzu*

■engridさん
気持ちイイとさ、ゆるりと本読み。。
が、いつの間にか寝ちゃってるんだよねぇ
でもでもこの本は一気に読めたよ~
時代が時代だけにねスッと入ってきたんだよ^^

■Inatimyさん
ネットでポチッと、は無理なのかなぁ?
と言っても新品か?新古品ってのもあるかもよ。
時間潰しに読むときもあるけど
この本だけは逆だったよ。
で、伊吹有喜さんに暫くははまりそうだべさ^^
by suzu* (2018-08-23 13:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。