So-net無料ブログ作成

NO.172 トリコ。 [iPhone 8]

19849C01-BB32-4B57-A801-93FB8D80CEF4.jpeg



今年、95歳になったトト様。
一昨日の夕飯に豆乳鍋を。
ご馳走様のあとで何度もカカ様に言ってたことは
「うまかったなぁ?こないにうまいモンがあるんやな?
いやぁ。。正月の膳も鍋でイイんやないんか?」


ほんまにホンマのとこ、95年間一度として鍋料理ってのを口にしてないねんって。
(ぬ?リーマンの頃とかはあるんじゃね?)
御飯と味噌汁だけの膳でないとは言え
家族と鍋をつつく、ってのは全くもって一度もなかった!


阿部暁子さんの続刊を買いに行った本屋で。。
来春(2月ころ?)映画化される「フォルトゥナの瞳」
主演、神木隆之介くんと有村架純さん♪
カバーに神木くんを見つけて即買い( *`艸´)

『幼い頃に家族を火事で失い天涯孤独の身となった木山慎一郎は
友人も恋人もなく、自動車塗装工として黙々と働くだけの日々を送っていた。
だが突然「他人の死の運命」を視る力を手に入れ、生活は一変する。
はじめて女性と愛し合うことを知った慎一郎の「死の迫る人を救いたい」という思いは、
無情にも彼を窮地へと追いやり…。
感涙のラブストーリー』

フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)

フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)

  • 作者: 百田 尚樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/11/28
  • メディア: 文庫


nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

nice! 22

コメント 4

あおい

え?おとうさん、鍋はじめてなの?
そっかぁ…そういうお家もあるんだ…
うちの実家は冬は鍋か魚の煮つけか野菜炒めだったなぁ…^^;
ははは^^
母は料理好きじゃないからねぇ…
by あおい (2018-12-28 23:33) 

engrid

この本を読了して、しばらく
なんだろう、淋しいとか悲しいとかでなく、
どうして、どうして、、そう思ったの、、
by engrid (2018-12-29 00:25) 

Inatimy

家族と鍋をつつく・・・私も一度もなかったです。 冬は粕汁が多くて。
鍋と、あと、すき焼きは、外で知った料理です^^。
by Inatimy (2018-12-29 00:35) 

suzu*

さっき読み終わったよ…
う〜ん…後味悪いなぁ( ̄▽ ̄)
ってかねぇ、上滑りしてる感が否めない。
あのベストセラーになった百田さんだよね?
文章?語彙?が、男性だけに硬い、かな
と、思ったよ
トト様のお鍋騒動?はお預け食らっちゃいました!
何故ならば豆乳なんで…粗相がσ(^_^;)
by suzu* (2018-12-29 22:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。